人気ブログランキング


↑ ↑ ↑ ☆応援クリックお願いします(*‘∀‘)



おはようございます!キケンジです。(*´ω`)✨


昨年、13大都市圏を筆頭に、ごみ処理の手数料が値上がりしました。
当初は事業系のごみ処分と聞いていましたが、
ごみに個人も法人もなく、全体的にごみ処分の値段が上がった経緯があります。

もちろん、我々不動産業界も密接に関係しているため、
賃貸管理物件に収集を依頼している業者さんから、強制的に値上げを慣行する
通知がきました。

そのまま、賃貸オーナーさんへ値上げをお願いしているのですが、
これまた、「ええ~~!値上げ!!めっちゃ高いじゃろ!?」
と、大げさなリアクションとともに、なぜか矛先が我々へ向けられます。

「ごみなんて、ただじゃろ!?なんでワシが金ださんといけんのんじゃ!」
⇒10年以上前から、大型ごみなど有料化しています。
 知っているにも関わらず、強引に押してくるツワモノも多数・・・(^-^;。

「どうせ〇〇社さんが、儲けとんじゃろ!?おたくら儲けすぎじゃけ!(# ゚Д゚)」
⇒ええ、まったくもって、儲かっていません。あっても微々たるもの。
 というか、あなたとこういった会話で時間を割いているので、
 私の人件費や電話代が大赤字です・・・(^-^;。

正直不動産の見すぎからか、心の中で本音が出てしまいます。
 
健全に対応しているにも関わらず、
「不動産業者は悪!」
「ぼったくり!!」
「おたくら基本噓つきだから、信用ならない!!!」

と、まだまだダークなイメージが払しょくできていない、
そんな日々を、業界スタッフは皆さん感じていることでしょう。

そこで、まだ理解の乏しい方々への、私の対策としては、

賃貸経営 ⇒ 不動産投資 を脳へ刷り込む事です。


賃貸物件の運営は、不動産投資のひとつです。
不動産投資は、投資の様々ある投資の中のひとつ。

投資といえば、いわば事業です。
賃貸経営も、経営と名が付きますから、
会社を経営するも同然。

つまりは、ひとつの物件を運営するのは、
ひとつの会社を経営するのと一緒となります。


ただ、ごみひとつ処分するのに、お金がかかるという事実。

物件≒会社を運営する運営費の一つである、ごみ処分(収集費)。

どちらに目線を置くかです。

会社≒物件の価値を上げるには、
GPI(潜在総収入)を上げるほかありません。
GPIを上げるには何をすべきか?

ゴミ置き場にいつも汚いゴミが残っていたり、散乱していれば、
客づけ案内時に、入居希望を申し込む方は、稀でしょう。
そうなると、おのずと入居率も下がり、賃集も下がる。
イコール物件価値も下がる。

たかがごみ。されどごみ。


gomi_bunbetsu



毎月仮に2万円、ごみ処分に費用がかかっているなら、
それを10万にも20万にも収入を得るためのレバレッジ効果を掛ければいいだけです。

コスト削減で、自身で毎日ごみ掃除をするのもいいですが、
プロに任せて空いた時間に、物件価値を上げる事に、時間を費やすことの方が、
時間的価値も、物件の価値も上がるのではないでしょうか。

あなたはどちらに目線を置きますか?
という投げかけで、大体のオーナーさんは、ご納得されていただきます。

まだまだ、所有物件の運営が、掴み切れていない方も多数いらっしゃいます。
不動産投資の知識を広め、老後の所得が少ない日本の高齢者に、
不動産投資による、アメリカの高齢者並みの副収入を得て頂きたいですね。

それが、社会や公共の福祉につながり、
3方よしから5方よしへと、進化していければ、最高です!

それでは、また!!


↓ ↓ ↓ ☆応援クリックお願いします(*‘∀‘)