人気ブログランキング


↑ ↑ ↑ ☆応援クリックお願いします(*‘∀‘)



おはようございます!キケンジです。(*‘∀‘)✨


私の誕生月である9月
3月決算の企業も多いですが、9月決算の企業も意外と多いのではないでしょうか。

不動産にしろ、会社にしろ、
円滑に運用するためや、事業を開始または運営するのに、
一番気になるのは、資金調達ではないでしょうか。
決算月やコロナ禍で、その不安やニーズは高まりつつあると感じます。

money_yuushi



お金といったら、まずは銀行を思い浮かべる方も多いと思いますが、
資金調達の種類は大きく12種類ほど、世に広まっています。

・アセットファイナンス
 ◆ファクタリング

・デッドファイナンス
 ◆銀行からの融資
 ◆日本政策金融公庫の融資
 ◆自治体からの制度融資
 ◆ビジネスローン
 ◆手形割引
 ◆私募債
 ◆家族や知人からの借入

エクイティファイナンス
 ◆ベンチャーキャピタルからの出資
 ◆個人投資家(エンジェル投資家)からの出資

資金がないからといって、事業を始められない。
物件の購入ができないと言っていては、
せっかくのチャンスをみすみす逃してしまう可能性が出てきます。

チャンスを逃さないためにも、資金調達のパートナーを探し、
早めの行動に移すことが、投資の初段階といえるでしょう。

繰り返しますが、お金といえば、金融機関をまず思いがちですが、
何もそこだけではありませんし、そこに固執することもありません。

と、もっともらしい事を言っていますが、
私自身も、それ以外からの資金調達の幅を広げるように、勉強中です。
正直、金融機関と行政からの調達くらいしか、体験したことありませんから・・・(;^ω^)。

新しいスキルを身に着ける事によって、
どんな広がりかたを学ぶか、非常に楽しみであります。

ひとつひとつ、コツコツと誠実に、学んでいきたいと思います。

それでは、また明日!!

↓ ↓ ↓ ☆応援クリックお願いします(*‘∀‘)☆


人気ブログランキング