人気ブログランキング


↑ ↑ ↑ ☆応援クリックお願いします(*‘∀‘)



おはようございます!キケンジです。(*‘∀‘)✨

収益モノの賃貸物件にしろ、個人の生活費にしろ、
明暗を分けるひとつが、OPEX(運営費)と呼ばれる要素です。

家賃が沢山入っても、経費が沢山かかっていれば、手残りは減ります。
お給料が沢山入っても、その分遣ってしまえば、手残りは減ります。

キャッシュフローでいうところの、運営費(経費部分)について、
最近とても苦しんでいます(;´Д`)。

ポータルサイトなどから問い合わせた物件、
固定資産税などの詳細や、火災保険料などは、あとから算出されます。
その資料待ちの間に、この地域であれば、おおよそこれくらいの固定資産税かと、
試算するわけですが、近頃この固定資産税が、予測より大幅に上回り、
キャッシュアウトしてしまう例が重なっています。

いい線いっていたのに残念!!
というのが連発しています・・・😞。

皆様のお持ちの物件が、そんな残念な事にならないよう、
運営費の定期的な見直しをお勧めしたいとおもいます。

毎年上がる保険料。
意外と相見積りをとると、節約できる事例が沢山あります。
更新の通知が来たタイミングで、数社見積りをとるのもいいですね。

昔と違い、いまは瞬時に相見積もりを出してくれるサイトもあります。
クルマの下取りや、その他いろいろな内容で、相見積もりはスタンダードになっています。
相手(契約している業者さん)に悪いと思わず、ご自身の財布に関わることですから、
ここは熱心に見直しをされることがよいでしょう。

固定資産税と違い、保険やエレベーターなどのメンテ費用は、
比較的変えやすい固定費の部類に入ります。
また、管理会社の管理料、客付け業者へのマーケティング費用(ADや仲介料)
なども、見直し候補に入ります。
定期的に見直しを掛けて、物件のCFの正常化を図りましょう。

私も、おこずかいの大半をしめる食費という運営費を、
なんとか節約していこうと試行錯誤している次第ですw。
shopping_shiharai_businesswoman


それでは、また明日!!

↓ ↓ ↓ ☆応援クリックお願いします(*‘∀‘)☆


人気ブログランキング