人気ブログランキング


↑ ↑ ↑ ☆応援クリックお願いします(*‘∀‘)☆


おはようございます!キケンジです。

ようやくマスクを見つけました!!
通りがかりのペットショップです。

20200404_164018

意外なところにあるものですね~。
10枚入りでお値段1,200円也!
ということは、1枚120円単価。

缶ジュース1本分くらいの金額になっています。
段々とマスクの高額取引も落ち着きを取り戻しつつあると感じます。


さて、コロナの影響で、感染の危険性も無きにしも非ずのため、
極力無用な営業訪問は控えています。
行ったところで、こんなコロナ真っ只中の時期に、なかなか案件は出てきません。
その分、手が回らなかったチェックにまわります。

先日、賃貸の管理業務を頂いた物件。
オーナーさんの昔ながらの業者さんがいるため、
大掛かりなリフォーム工事があったのですが、どうしても・・・とおっしゃる通り、
オーナーさん手配での工事となりました。
元々オーナールームの改装ですから、結構な平米数があります。

20200404_162904

オーナーさんの信頼のおける業者さんですから、仕方がないですが、
やはり部屋作りでは、作って終わりの工務店さんと、住まわれるお客さんを連れてきて決める、
我々不動産業者とでは、センスが格段に違います。

一抹の不安をよそに、チェックに入ります。

20200404_162952

なかなかいいキッチンだね~。
ナチュラルテイストな木目は嫌いじゃないです。

20200404_163258


なんだかよくわからないアクセントクロス使い。
まあ、床の色合いと合わせてあるので、よしとしときましょう。


20200404_163002

20200404_163012


和室を残すテイスト。
一般的に、すべて洋間にする傾向があるなか、和を重んじるところは、私も同一です。
障子からの光が優しくカーテンいらず。
まあ、よしとしましょう。

20200404_163019


床材は、流行りの木目調CF。
まあ一般的な柄。いいでしょう。


20200404_163222


ユニットバスも新品。
築45年経過しているから、入れ替えて当然ですね。


20200404_163056


んっ!?
洗面台がここ?!
ちょっとどうかな・・・と・・・。


20200404_163152


ああ~やっぱりオチがあるのか~と思うトイレです。
便器は新型ですが、せっかくのタイルが昭和レトロ感満載です・・・。
そして、裸電球・・・。

約1万件ほどの原状回復工事、ならびにリフォーム・リノベーション手掛けた私。
少なからず、リフォームには定評があります。
次回からは、丁寧にご指導させて頂こうと思います。(^-^;

管理頂いた他の物件を見て帰ろうとすると、
また別件で管理頂いたオーナーさんから、騒音クレームの相談がありました。


souon_rinjin



オーナーさん敷地内にある借家の住人から、隣近所の借家がうるさいと、
夜中にオーナーさんへ怒鳴り込んでいった模様。
郊外ですから、隣近所は知ったなか。
オーナーさんもどちらかといえば、昔気質のオーナーさんのため、
ついつい対応してしまい、収束がつかなくなったところで私に連絡がありました。

始めに管理会社の私らに連絡くれれば、良かったんですがね。
管理戸数が多い分、私も騒音問題は、嫌というほどやってきましたから、
的確にアドバイス差し上げるとともに、こちらで対応の引き継ぎをさせて頂きました。

こちらは、建て壊そうと思った借家ですが、
接道がなく再建築不可のため、リフォームして貸し出したところ、
ちょっと変わった入居者が客付けされた状況です。
何かとソフト面での対応が重なります。

隣近所の借家にも、管理会社がついているようですが、
「いままでそんなことはなかった!おたくの入居者が悪いんじゃない!?」
と私どものオーナーさんが軽くあしらわれ放置状態。
オーナーさん、そのまま入居者へその旨を返したところ、こちら側で炎上した様子です。

入居後数か月だったので、オーナーさんも入居者も、その相談をトラブル経験の少ない、
客付け担当者に相談していたため、事態は悪化。
いったん経路を整理し、正常化に仕切り直しです。

どんなに建物や不動産テックが進化しても、
やはり人間の徳というか、人間性が成長しなければ、
こういった賃貸クレームというのはなくならず、
自動化や人の手を無くすというのは、難しいのでしょうね。

AI化で賃貸はなくなる可能性のひとつに挙げられますが、
逆に賃貸管理は誰がするのかと、必要性を感じます。

会社であると、ある程度仕事が上達し役職があがると、
経営ごとに専念し、やる事が変わっていきます。
人間性を鍛えるお寺さんであると、修行を積みあげた立派な住職さんが、
修行僧時代と相変わらずに、地元の檀家を練り歩きます。

俺、これだけ偉いからあれしない、これもしない。お前らやっとけと慢心が出てくる。
入居者は、お金払ってるんだから、お前らやれと度を超すオーダーを頼んだりと。
相異なるものですが、そこに少なからずヒントがあるのかなと。

度を越したひどい暴言を吐かれると、
私も20代30代では憤っていましたが、
最近では、なぜこのような暴言を吐くのか?
このようなクレームを言ってくるのか?
と根本を考えていると、なかなか辛抱できるようになってきました。

ただ単に、年を重ねるのも、物事を正面から見つめる
スキルの向上につながる事と思います。
子を持つ親の気持ちは、子を持っていなければ、わかりません。
酷いことをされたり傷ついたことがあれば、
その人の気持ちを、より一層くみ取ってあげることもできます。

何事も最終的には、人間同士ですね。
自らが経験することで、人に伝えられることがあると思います。

売買や土地活用系で、利益ばかりの計算をしていると、
合間でこういった案件が飛び込んでくることがあります。
不動産の神様から、「慢心せずに真摯に取り組めよ!」との、お導きなんでしょうね。
愛されていると感じます。(;´Д`)


hayakuchi_bouzu_byoubu



ブログタイトルにもつけていますが、不動産業も日々精進ですね。
私は、まだまだひよっこですから、世の中への丁稚奉公として、
業務へ励んでいきたいと思います。

それでは、また明日!!!

↓ ↓ ↓ ☆応援クリックお願いします(*‘∀‘)☆


人気ブログランキング