キケンジの不動産日々是精進

アラフォーから営業職を始めるという苦節。汗と涙と笑いの日々です!

不正アクセス



人気ブログランキング


↑ ↑ ↑ ☆応援クリックお願いします(*‘∀‘)



おはようございます!キケンジです。(*‘∀‘)✨


ダイエットの停滞期に苦しむ、キケンジです。
一定ラインから、先の世界が非常に苦しい時間が、待ち受けています。
食欲の秋に押され気味ですが、今年も残すところあと3か月ちょい。
今年の達成項目のひとつとして、シュッとした自分を取り戻したいと思います。


最近、不正アクセスの記事が気になります。

目新しいものでは、ドコモ口座の巨額被害。
ドコモと関係ない口座から出勤されますので、誰にでも起こりえる事例。
エンドユーザーへなるべく簡単に口座を開設できる仕組みを逆手にとった今回の仕組み。
2段階認証があまい金融機関、とくにゆうちょ銀行では、多くの被害が出た様子。
隙間とリスクヘッジを逆手にとり、足跡を残していないようです。
まだまだ予断を許さない事件ですね。

少し前では、あずさ監査法人の不適切受講。
不正会計などを防止する、最後のかなめともいうべき公認会計士が、
まるで一時前の自動車性能の改ざん問題のように、
当たり前に行われていた感じがします。

どこにでもあるんだなと思いますが、
どこにでもあって欲しくない事例です。
曲がりなりにも侍業と呼ばれる士業ですから、
それなりのプライドを持ち、業務に励んで頂きたいものです。

computer_crime


インターネットの普及により、情報や生活など急激な速度で発達し便利になりましたが、
逆にいえば、いつでもどこでも不正アクセスにより、危機にさらされてしまう
リスクも増加しています。

個人情報の抜き取りなど、ハッカーたちからすれば、
朝飯前の出来事なのでしょうね。
そう思うと、個人情報の塊である、
不動産業界勤めの私たちにとっては、脅威を感じます。

被害者といえ、個人情報の流失により、大手企業もあっという間に、
倒産に追い込まれたというのは、よく聞いた話です。

電子情報のみならず、カバンの中も、クライアントの個人情報の塊です。
保険屋さんは保険、金融機関は審査書類など、
本職の一部の物のみの持ち運びが多い中、
不動産業界は、さまざまな資料を持ち運びます。

手持ちを減らすため、電子情報に置き換えても、
不正アクセスの記事を見るたび、
リアル・ヴァーチャルともに、情報流出防止の必要性を感じます。

しかしながら、アナログな私はデジタルでの防止策をあまり知りません。
彼を知り己を知れば百戦殆からず
しっかりとリサーチと分析を重ね、自分自身も被害から身を守れるよう、
学んでいきたいと思います。

それでは、また明日!!

↓ ↓ ↓ ☆応援クリックお願いします(*‘∀‘)☆


人気ブログランキング



続きを読む

ガレージハウス



人気ブログランキング


↑ ↑ ↑ ☆応援クリックお願いします(*‘∀‘)



おはようございます!キケンジです。(*‘∀‘)✨


昨日は、北へ北へと足を伸ばし、会社から40分ほどの場所にある、
郊外へ物件を見にいってきました。
グーグルマップで40分と言えど、渋滞を挟めば約1時間程度でしょうか。
物件の目の前は、綺麗な小川が流れ、マイナスイオン抜群の環境です。✨✨


20200919_112124


私の頭の中は、マイナスイオン効果からか、
「となりのトトロ」の音楽が駆け巡ります。
物件どころより、まっくろくろすけを探す始末です。(笑)

ともあれ、あたりは畑や田んぼ、農地だらけです。
あまり道も整備されているとは、一概に言えないところも・・。

20200919_111711


とにかく道路幅が狭く、車幅ギリギリなので、
溝に落とさないようにと、生あせもので運転します。
こんなところでハマってしまうものなら、JAFでも容易に来れないでしょうから…。


で、何を見に行ってきたかというと、
ガレージハウスなるものを拝見に行ってきました。

1階部分が車庫になり、上に住居が乗っかっているアレですね。
所ジョージさんの、世田谷ベースに憧れを持つ方によっては、
趣味と実益が重なった、この上ないスペースとなるでしょう。

ですが、このガレージハウス、正直なところあまり数がありません。
住居スペースを削り車庫を作るため、余分にスペースが必要になります。
電動シャッターなど設備にこだわったり、
通常2階で済む住居スペースが、車庫ワンフロア分たされると、
3階構造になり、諸々の事情で建築費が向上します。

そうなると、比較的土地に余裕のある郊外、
土地が安く仕入れれるところであったり、
借家や駐車場のニーズも少ないところへ、
建てたりすることが、多くなります。

syako_garage

そのため、今回もちょっと郊外へ足を伸ばしての、
現地調査となったわけです。

ピンポイントのターゲットのため、
住宅設備は満足いく装備が整っていることが多いです。
雨に濡れない屋根付き車庫。
大型バイク好きの方も、セキュリティ抜群で置けますし、
なにせ風雨にさらされれることがないので、
愛車などが傷むのも避けられます。

郊外に作られるケースがおおいため、
ちょっと街中から離れてるよね~と、今までは敬遠がちでしたが、
発想の転換を重ね、私自身も気になりだした次第です。

なにせ、コロナ禍でリモートワークが増えるいま、
わざわざ街中まで通勤することに、必然性を感じない世の流れとなりました。
趣味や自身が住みたいところ、賃料は安くといった、
今までとは逆行した流れも生まれてくるのではないかと、
頭を柔らかくする運動も抜かりなく行っている次第です。

「金持ち父さん貧乏父さん」著者のロバート・キヨサキ氏。
「nothing down」著者のロバート・G・アレン氏。

著書の不動産投資の内容を読むと、
共通して、掘り出し物は市場にあり、皆さん気づいていないだけとあります。

売れ残っている物件も、発想を変えればミリオンダラーを生み出すかもしれません。
業者感覚でいくと、利回りが低い・合わないなどといった、
特に調べもせず、一瞥くれて流してしまうものも、
人によってはダイヤの原石となるケースも。

私自身も、業者目線だけでなく、
投資家目線も持つことによって、
多角的に物件をみる癖付けを行っている次第です。

クライアントは投資家ですから、投資家目線でいかないと、相手の気持ちはわからない。
不動産投資も自身でやってみないと分からない。
会社経営も自身でやってみないと分からない。

物件をひとつの事業として考えるならば。
また賃貸経営と、経営を示唆する役目であるならば、
不動産を持っていない、会社を経営したことのない、
セールスマンから、いくら「いい物件です!二度とありませんよ!」と、
言われても説得力がありませんね。

売る方でなく、買う方の立場になって、つくづく肌で感じます。
我々の業界の適当さが・・(^-^;。

なんだか、話がそれてしまいましたが、
物件の見方や考え方を変えることに、注力している次第です。

当たり前が当たり前でなくなってきている、アフターコロナ。
業務が減ってきてる現在、サラリーマンとしては、痛手が多いですが、
個人としては、変化の波に乗る大きなチャンスと思います。

波に食われるか、波に乗って新たなステージにたどり着けるかは、自分次第。
不安と希望の交差する毎日のなかで、バブル時代の恩恵を逃した世代として、
このコロナ禍の乱世は、常にスキルを錬磨している方達にとっては、
大きなチャンスと受け止めていきたいと思います。


それでは、また明日!!

↓ ↓ ↓ ☆応援クリックお願いします(*‘∀‘)☆


人気ブログランキング



続きを読む

自由化競争



人気ブログランキング


↑ ↑ ↑ ☆応援クリックお願いします(*‘∀‘)



おはようございます!キケンジです。(*‘∀‘)✨


先日、半年ぶりにお会いしたクライアントから、
「痩せたね~~!!!えっ!痩せたでしょ!?」
と二段突っ込みを頂き、非常に喜びつつも、
摂生の反動からか、中華ランチに逆戻りしつつあるキケンジです。(^-^;


denryoku_sentaku



近頃、調査をするたびに自由化の壁に当たります。
「電力の自由化」
「ガスの自由化」
「通信費の自由化」

どの業界でも、切磋琢磨というよりは、
もう恐竜時代のように、食うか食われるかの
凄まじい戦いが繰り広げられています。

我々消費者としては、非常にありがたいことなのですが、
喜んでいるのもつかの間。
不動産業界も、手数料や管理メニューでの%削減などで、
他社との比較を徐々に差別化していっています。

AI化が進めば、士業の仕事はおおかたAIにとってかわると言われていますが、
宅建士もしくは仲介業は、AI化で一番最初になくなる仕事の一つと言われています。

このコロナ禍で一気に変化した状況をみると、
世の中が変わるのも、そう遠くない未来と感じます。

そんなの10年20年後の話でしょ?
そのころ、俺はいないから関係ないよと言っていられない、今のご時世。
生物界でも、子孫に続くほど進化を重ね、
クオリティの高いものとなっていきます。

古い体質や手法だけの、重たいおっさんと呼ばれないように、
そして時代の波に取り残されないように、
せめてフットワークと体重だけは、
軽くしたいと思う、今日この頃です。

それでは、また明日!!

↓ ↓ ↓ ☆応援クリックお願いします(*‘∀‘)☆


人気ブログランキング



続きを読む
クリック応援お願いします!
☆リンクフリーです☆
このブログはリンクフリーです。 許可無しに、自由にリンクしていただいてOKです。 また、相互リンクも受け付けております。 下記「お問合せ」にて、お申込み下さい。
お問合せ

名前
メール
本文